包茎手術を受けたほうが良い場合

Written by  on 12月 2, 2014 

子供のころはどなたでも包茎ですが、大人になっても包茎だとずっと変わらない可能性が高いです。
包茎のままだと雑菌が溜まりやすく臭いの原因になったり、見た目からコンプレックスを抱えてしまう方が多いです。
そんなときは男性専門の包茎クリニックで包茎治療を受けることが可能です。

包茎と一言で言っても仮性包茎、真性包茎、カントン包茎などいくつかの種類があります。
この中で一番多いのが仮性包茎で通常時は皮がかぶっていますが勃起時には亀頭が露出します。
特に今すぐ包茎手術が必要な状態ではありませんが早漏になりやすいです。

真性包茎は通常時も勃起時も皮がかぶっている状態です。
場合によっては亀頭包皮炎の症状が出ることがあります。

カントン包茎は皮を無理にむいて亀頭が締め付けられている状態です。
亀頭が皮でうっ血したり、皮が裂けてしまい痛いことがあるので、なるべく早めに包茎治療を受けたほうが良いです。
男性専門の包茎クリニックではプライバシーに配慮しており、お一人でご来院しやすいです。

Category : 包茎手術